人材育成コース手続きの流れ

おはようございます。昨日は忘年会でした。11月に行うとは早いような気もしますが、遅くなればなるだけ、忙しくなるので、まあいいかなという感じ。楽しい飲み会でした。

今回は、一般職業訓練について述べたいと思います。まずはキャリアアップ計画を作成・提出します。雇用保険適用事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、労働組合等の意見を聴いて「キャリアアップ計画」を作成し、管轄労働局長の確認を受けます。

次に訓練計画届を作成・提出します。キャリアアップ計画に基づいて訓練計画届を作成し、管轄労働局長の確認を受けます。提出はキャリアアップ計画と同時に行うことができます。訓練開始日の前日から起算して1か月前までに、管轄労働局長に提出します。うっかりして1か月前までに提出しないと、助成金を受けることができなくなりますので、注意が必要となります。

続いて、この訓練計画届に基づいて訓練を実施します。訓練計画届の提出日から6か月以内に訓練を開始することが必要です。また訓練開始日の翌日から起算して1か月以内に、「訓練開始届」を管轄労働局長に提出する必要があります。なお、訓練計画届の内容などを変更する場合は、原則、変更内容が生じる前までに「計画変更届」を提出する必要があります。

これも忘れやすい事項で、忘れると、助成金は受けることができなくなってしまいます。関門が多いので日程管理には注意が必要です。

職業訓練計画実施期間の終了した日の翌日から2か月以内に支給申請書を管轄労働局へ提出します。

大きな流れはこんなところです。訓練については、さまざまな注意点がありますが、また今度ということでお願いします。


キャリアアップ助成金、人材育成コース

おはようございます。今日は雨が降ったりやんだり、風が強く台風のような感じです。そしてポッキーの日でしょうか。

キャリアアップ助成金には、正社員化コースの他にも人材育成コースというものがあります。有期契約労働者等に①育児休業中訓練、中長期的キャリア形成訓練を含む一般職業訓練(Off-JT)、②「ジョブ・カード」を活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3~6か月の職業訓練である有期実習型訓練、を行った場合に助成するものです。

ここで言うOff-JTとは、生産ラインまたは就労の場における通常の生産活動と区別して業務の遂行の過程外で行われる(事業内または事業外の)職業訓練のことを言います。またOJTとは、適格な指導者の指導の下、事業主が行う業務の遂行の過程内における実務を通じた実践的な技能およびこれに関する知識の習得に係る職業訓練のことを言います。

1訓練コースにつき、以下の額が支給されます。まずOff-JT分の支給額についてですが、賃金助成と経費助成があります。賃金助成は、中小企業において1人1時間当たり760円が、生産性の向上が認められる場合には960円が支給されます。なお、1人当たりの助成時間数は1200時間が上限です。

経費助成は、実費が支給されますが、1人当たりOff-JTの訓練時間数に応じた上限額が定められています。一般職業訓練(育児休業中訓練)、有期実習型訓練において、中小企業であって訓練時間が100時間未満の場合の上限は10万円、100時間以上200時間未満の場合は上限20万円、200時間以上の場合は上限30万円です。

次にOJT分の支給額についてですが、実施助成のみが支給されます。中小企業において1人1時間当たり760円が、生産性の向上が認められる場合には960円が支給されます。ここでの1人当たりの助成時間数は680時間が上限です。

また、1年度1事業所当たりの支給限度額は1000万円です。


キャリアアップ助成金、支給要件確認申立書

おはようございます。早いもので、もう11月です。ふと考えてみると、日中は天気がいいと暖かく、そのせいもあるのか、例年より過ごしやすいように感じます。

さて、キャリアアップ助成金を受給するにあたって、支給要件確認申立書というものを提出する必要があります。うちの会社は、今まで悪いことはしていないし、不正があったら公表していいですよ、という趣旨の申立書です。記載するのは、以下のような内容となります。

まず事業所の名称と雇用保険適用事業所番号を書きます。次に、質問に対してはい、または、いいえにマルをつけます。その質問は11あります。

①過去3年間に助成金の不正受給をしたことがあるか、②労働保険の滞納があるか、③過去1年間に労働関係法令違反により送検処分を受けているか、④風俗営業関係事業主か、⑤役員等も含め、暴力団に関係する会社か、⑥暴力団、暴力団員を利用しているか、

⑦暴力団、暴力団員に資金供与等しているか、⑧暴力団と知りながら、不当に利用しているか、⑨暴力団と、社会的に非難される関係を有しているか、⑩倒産しているか、⑪不正受給を理由に支給決定を取り消されたら、会社名公表に同意するか、です。

①~⑩は、いいえにマルがつき、⑪は、はいにマルがつけば、キャリアアップ助成金を受給することは可能となります。もちろん、正直に記載する必要があります。

次に、申請年月日を記載し、管轄労働局を記載します。会社の住所、電話番号、会社名、代表者氏名を記載します。そして代表者の丸印を押印します。これでこの書類の作成は完了です。